アウトドア用具の選び方やポイント

アウトドアでの料理器具の代表格は「炭焼きコンロ」や「ガスバーナー」です。
火を使うわけですから必ずと言って必要になる道具です。
そしてアウトドアらしい料理器具はダッチオーブンで、これがひとつあればとても便利です。
魚介類があるならば「ヒレ」や「デバ」があれば簡単に魚をおろすことができます。

「デバ」の正しい選び方

魚の腹開き・魚の背開き・魚の三枚おろしに使われるのが定番。
鶏をさばく場合にも重宝されるのです。
アウトドア用のデバはサビに強い特徴がありますが、種類は少ないです。

コンパクトなサイズでも歯の部分はしっかりとした厚みがあります。
「デバ」は中サイズの魚や鶏のさばけます。
手のかかりそうな料理でも対応は可能です。

「デバ」の名称の由来は徳川江戸時代の初期に遡ります。
出っ歯の鍛冶屋さんが作ったので「出歯」>「出刃」になったと言われています。
選ぶ場合のポイントは、にぐり具合がしっかりできるかどうかです。

デバはクッキングナイフの代表格で自分が使いやすい包丁を見つけるのには試してみたい1本です。
特徴は刃の肉厚と片刃です。
コンパクトなサイズですからアウトドアにも重宝します。

「フィレ」の正しい選び方

正式名称はフィレットナイフで、「魚の切り身」という意味です。
フィレは北欧が発祥とされているナイフです。
魚をおろすためのナイフですがデバとは違い、ブレードが薄い特徴があります。

フィレの大半のモデルはブレードがしなやかになっているのに気付くでしょう。
魚専用ですからキャンプのみならず釣りのシーンでも重宝されます。
フィレはベルト用のシース(カバー)がついているモデルが目立ちます。

魚の三枚おろしだけでなく刺身にも使われます。