キャンプで食べたいレシピあれこれ

鮎の塩焼きの作り方

鮎のはらわたはとらなくても大丈夫です。
そのまま口側から串を突きさしてください。
背中を通って尻尾から少し串が出る程度です。

頭部・ヒレ・尻尾には塩をすり込みます。
そして全体に塩を振れば下準備が完了です。
じっくり焼けるようにたき火の周囲に並べましょう。

古新聞で周囲をおおえば熱効果を高められます。
焼き上がったら酢橘を絞ってたべましょう。
はらわたまで美味しく美味!
はらわたのほろ苦さが癖になりそう。

川に釣りに言った場合には鮎のシーズンも狙い目。
釣れたての鮎をさっと焼いて食べるのがたまりません。
キュウウオの仲間の魚ですからスイカや胡瓜に似た香りが特徴です。

中華風やきそばの作り方

まずは材料の紹介!
焼きそば麺・ロースハム・もやし・きくらげ・生姜・牛バラ・にら・干した桜エビ・片栗粉・中華風だし・サラダ油・練り辛子・塩・胡椒――中華風に拘ってみたいですね。

作り方の秘訣。
とろみ加減が勝負ですから片栗粉の分量と水の兼ね合いに注意です。
多少緩めでも鉄板の熱のお陰で水分は飛んでくれますし、あんと麺を同時進行で作ると熱々をいただけます。
キャンプの定番は焼きそばですがたまにはソース味ではなくて中華風の焼きそばにチャレンジしてみましょう。

バレンシア風ピラフの作り方

バレンシア風ピラフは、残りご飯を利用して作れる料理です。
見た目にも赤く鮮やかなトマト風味のピラフで人気メニューです。
では作り方……。

ピラフの材料を油で炒めます。
別の料理器具でバターライスを作りましょう。
食べる時にピラフの材料を乗せるだけの簡単メニュー!

ピラフの材料は魚介類が雰囲気だ!
あさりの水煮・ムール貝・海老――保存方法に注意。
あさりは水煮のほうが保存が良いです。