キャンプ用具のメンテナンス方法

キャンプで用具を使用したら、キチンと片付けておきましょう。
そうすれば次に使う時も気持ち良く利用できます。
包丁の切れ味が悪いと料理も上手くできません。

使ったあとは丁寧に研いでおけばいいと思います。
野外料理を初めても切れ味が悪ければアルミ缶やシャープナーで切れ味を良くすることもできます。
クーラーボックスは冷蔵庫の代わりになりますから炭をいれたりして消臭メンテナンスをしておくことをお薦めします。

ナイフを研ぐ・砥石編をご紹介します。
料理をする前に料理人は包丁の切れ味をチェックします。
切れ味が悪いと危険で手を怪我するリスクがあります。

綺麗に仕上げて研ぐには砥石が必須です。
オイルを使うオイルストーンの場合は付属されているオイルを事前に塗っておきましょう。
水砥石の場合は30分程度水につけておいてから研ぎ始めます。
ナイフの場合ははこぼれしている所から研ぎ、包丁の場合は寝かせて研ぐのが秘訣です。

砥石には2種類あります。
水砥石とオイルストーンです。

ナイフを研ぐ・キャンプ場編をご紹介します。
忙しくてナイフを研ぎ忘れていくこともあるでしょう。
現地で切りにくいと思ったらシャープナーを緊急対策として使いましょう。

キーホルダーの形をしたタッチアップ商品もあります。
これは携帯性も優れています。
砥石やタッチアップ用品がないならば800番以上の紙やすりでナイフを研ぐことも可能ですし、アルミ缶を切り込めば切れ味を復活させる裏ワザもあります。