酷い汚れのポリタンやまな板

大切なところはキャップとパッキンをきちんとメンテナンスしておくことで、ポリタンはこれが痛んでしまうと利用できなくなります。
食料品のトレーなどを利用して埋め込んでもいいでしょう。
まな板に関しては材質に関係なく水で綺麗に洗い流します。
そして、太陽に当てて干しておくといいですがアウトドアでもできることです。
酷い汚れの場合はたわし・漂白剤・クレンザーを使えばいいでしょう。