キャンプで出たゴミの始末と洗い物

キャンプで野外料理をした場合にゴミがでてしまいますが、分別しなければならないのは家庭ゴミと同じです。
燃えるゴミと燃えないゴミに区分してください。
できるだけ小さくして、ペットボトルや空き缶は潰してしまうとコンパクトになります。

必ず分別してから指定されたゴミ捨て場に持っていくのがマナーです。
マナーを守らない人は野外料理をする資格はありません。

キャンプで使った食器類はどのように洗えばいいのでしょうか?

家庭でも使っているような洗い物グッズは家庭で使うことを想定しています。
自然の中での排水を考えた場合には環境に優しい洗剤を使いたいですね。
キッチンペーパーやおしぼりを上手に使うといいでしょう。

キャンプで役立つグッズとしたら「ゴムべら」「ゴム手袋」「軍手」などがあります。
「たわし」や「ふきん」も忘れがちですが重宝します。

洗う場所にも注意が必要で基本的には指定されたキャンプの流し場。
オートキャンプの場合は給水用のポリタンクから排水用のポリタンクまで一体化させたものが使い勝手がいいです。
湖や川の水で洗うのはダメです。

洗い物は極力晴らすようにして使う食器の枚数を減らすように工夫しましょう。
洗い物も紙ナプキンで拭き取って洗うと汚れが落ちやすいです。

キャンプでの食器の洗い方実践編!

洗剤がない場合につかわれるのは「お米のとぎ汁」「スパゲティーのゆで汁」「お茶のティ―バック」「薪や砂を燃やしたあとの灰」です。
ゴム手袋を使えば手が荒れる心配もありません。

洗剤を使用しないで洗うには40度程度のお湯と水を準備しておき、まずはお湯で洗います。
そして水ですすげば、とっても綺麗です。
食器は水切り用のカゴに入れておけばすぐに乾きます。
食器にラップをしいて料理に使うと食器が汚れません。
食べかすは洗う前に紙ナプキンで拭き取ると綺麗に落ちますし、パンで綺麗にする方法もあります。