キャンプで出るゴミの量をできるだけ少なくする方法

キャンプなどアウトドアで楽しんだ場合には飲み食いしたゴミの量は膨大です。
そのままの状態で捨てるとゴミ袋が大きくなります。
コンパクトにするために空き缶やペットボトルは潰してしまいましょう。

ビールの缶もアルミ缶ならば、かなりコンパクトです。
牛乳パックもそのままにしてすれるのではなくて潰して捨ててください。
残ったご飯もおにぎりにしておくと保存もできます。
次の日の朝食にしたりもできます。