アウトドアの魅力!キャンプでの基礎知識

野外料理

キャンプ場や河原でする料理のことです。
野外料理はアウトドアの魅力のひとつだと思います。
普段よりも美味しく感じるのは自宅で食べるのと違う雰囲気があるからでしょう。

注意したいのは怪我です。
普段から使わないタイプの調理器具も使います。
食材も極力現地調達がいいです。
夏場はとくに暑いですから食中毒のリスクもあります。

ツーバーナーとシングルバーナー

種類は2種類あります。
一つはガソリンタイプで、もうひとつはガスタイプです。
私はガソリンタイプがおすすめです。
量販店でもホワイトガソリンは手軽に入手できます。

平らなところに設置するのがツーバーナーの秘訣です。
鉄板焼きをする場合にはふたを外せばOK!
登山にも使えるシングルバーナーですが火力も強いです。

環境のコンディションが悪くても強い火力ですから頼もしい感じ。
カートリッジ式のガスは気軽に使えます。
人数が多いキャンプの場合はツーバーナータイプが二つの料理が作れるので便利です。
荷物が限られているときや登山やバックパッキングでも携行しやすいのがシングルバーナーです。

焚き火の方法

最近は直火禁止のところも多いです。
そんな場合はたき火グッズを使ってみましょう。
また地面から石をつかって離して鉄板を乗せて使う方法もあります。

料理にはたき火が不可欠な場合があるので注意しましょう。
直火がOKのキャンプ場はありがたいです。
石で竈を君でたき火を楽しめます。

焼け跡を残さず元通りにして帰るのがマナーです。
野外料理を楽しむにはマナーやルールはしっかり守りたいです。