キャンプでクーラーボックスをどのように使うといいのでしょうか?

クーラーボックスを上手く使うには種類によって区分けしておくことです。
お肉や野菜など鮮度が落ちてしまうもののグループが一つ。
鮮度が落ちない缶ビールなどのグループが一つです。

理想的にはこういった二つのクーラーボックスがあればいいでしょう。
ですが実際には難しいですから配置場所に気をつけるようにしましょう。
詰めすぎてしまうと保冷効果がおちてしまいます。

トレーを有効に使うといいでしょうし、車の日陰などにクーラーボックスを置けば直射日光を避けられます。
クーラーボックスに溜まった水は小まめに抜き取れば冷気も長持ちします。
帰宅時にはデッドスペースができますから中を傷つけないように注意して小物を収納しましょう。

保冷剤は大きな角氷を底に敷き詰めるといいです。
ロックアイスをコンビニでゲットしてもいいですし、保冷剤は氷よりも衛生的であるメリットがあります。