美味しいご飯はどのように炊けばいいの

炊飯の段取りを説明しておきましょう。
お米を量ってとぎますが、最初のお水は少なめにしておくと上手くいきます。
数回といで水が透明になったら水を計ってください。

水の量は米の分量の1割増が目安ですが、すぐに炊くのではなくて30分程度おいておきます。
時間がきたらコッフェルをナーバーに乗せて火をつけます。
コッフェルのふたが上がらないようにしましょう。

大きめの石を載せておいて、湯気が出てきたら火を強くします。
最初から強火にしないことがポイントです。
米が炊きあがってくると泡を吹いてきます。

そんな状態になれば火を弱めてじっくり炊きあげます。
ブツブツと音がしだしたら完成で10分程度蒸らして食べてください

ご飯が残っても有効利用して使いましょう!

ご飯が冷めてしまわない間に、何も手を加えないおにぎりを作っておきましょう。
バリエーション料理に使ったりアレンジできますし、こうしておけば保存がききます。
梅干しを中に入れ足り塩も酢濃い多めにすると保存性が高まります。

キャンプ翌日の朝食にしてもいいでしょう。
焼きおにぎりにしても美味しくいただけます。
塩味がないおにぎりはいろいろと応用が利きやすいのであまったらおにぎりにするのが基本中の基本です。